しわに効く化粧品を使おう|悩みを解決できる

婦人

もっちり肌を目指して

手

時間とひと手間が大事

肌をいつまでも潤いのあるしっとり肌に保つためには、保湿ケアが大事です。この保湿の方法として、単にたくさん化粧水を顔につけるのが良いと考える人は多くいます。たしかに水分をしっかり染み込ませることは、とても重要です。ただし、いくつか注意点があります。まず第1に、洗顔後はすぐに化粧水をつけることです。よく赤ちゃんの保湿ケアで、お風呂上がりから5分以内にクリームなどを塗るのが良いと言われています。大人も同じように、洗顔してから時間が経つと、潤いがどんどん肌から逃げてしまいます。時間との勝負がポイントです。2つ目に、フェイスマスクの正しい使い方です。保湿パックをする時に、洗顔後すぐにパックする人がいます。しかし、パックする前に、軽く化粧水を肌に付けると、浸透率が高まります。パックの説明書きにも、軽く化粧水で馴染ませてから使うよう明記している商品もあります。

適切な化粧品選び

体の中の水分は、年齢とともに減少していきます。特に30代頃から、肌にハリや潤いが不足していると感じる人が増えてきます。肌の水分不足は、シワなどの原因になるので、肌の状態や年齢に応じた化粧品選びが重要です。例えば、潤い不足が大きい場合は、保湿成分が多く含まれている化粧水を使うことが大切です。ヒアルロン酸やコラーゲンは、肌に潤いやハリを与える効果が高い特徴があります。これらの成分が入っているかを確認してから使用すると良いです。その他には、紫外線に長期間さらされないことも大事です。紫外線は、肌にダメージを与える特徴があります。すると、肌の水分も奪われてしまいます。紫外線を多く浴びてしまった日は、保湿パックなどの特別なケアをする日と決めてもよいでしょう。