しわに効く化粧品を使おう|悩みを解決できる

婦人

強力な美肌効果のビタミン

化粧水

ビタミンcの進化したもの

お肌の健康のために欠かせないものはビタミンc。強い活性酸素抑制作用を持ち老化を抑えてくれます。しかし一方で欠点もありました。ビタミンCは分子構造が不安定で壊れやすく、人体への吸収効率が良いとは言えないのです。また、ビタミンcは水溶性の物質です。人間の皮膚は水溶性の物質をはじくという性質があるので、化粧水などに含まれている成分が肌に吸収されにくいという悩みがありました。そのような欠点を補って開発されたのがビタミンc誘導体です。これは不安定で壊れやすいビタミンcを分子でコーティングして、安定させ、肌からも吸収されやすく改良したものです。代表的なビタミンc誘導体であるリン酸ビタミンcという成分は、ニキビ跡の赤い部分や色素沈着の抑制、コラーゲンの生成促進作用があると報告されています。

肌の乾燥に注意

お肌のために優れた効果のあるビタミンc誘導体入りの化粧水ですが、現在は発展途中の新しい成分であり、使用する側が気を付けた方が良い点もあります。まずは成分濃度です。濃度があまり薄いものでは効果が望めませんが、濃すぎても良くありません。一般的には、1%程度のものよりは3%前後の方が効果は高いようです。医療現場では5〜6%のものが使われているようです。しかし、濃度が濃すぎるビタミンc誘導体入りの化粧水を使うと、かえって皮膚が乾燥しすぎてしまう可能性があるのです。もともとビタミンcには、皮脂の生成を抑える働きがあります。この作用で余分な皮脂を減らしてニキビのトラブルを予防したりします。その為、乾燥肌傾向の方が高濃度のものを使うと、稀に乾燥を招くことがあります。このように非常に効果のある化粧水ですので、その分注意しながら使うことで肌の状態を改善できます。